Chicory Cafe

chicory27.exblog.jp
ブログトップ

布・布・布

c0161046_2312562.jpg

 シンガポールのインド人街のはずれにある、ムスタファ・センター。ローカル・デパートの地下1階が生地売り場になっていた。

 サリーのサイズの布と量り売りの布が、天井まで積み上げられている。丹念に見てまわるには、何時間あったら足りるのだろう。

 この日私が探したのは、和装用の布。つまり、着物か帯か襦袢か、あるいは作務衣にできるようなものだ。バンコクの着物サロンのマダムに、インドの綿や麻にはとてもおもしろいものがあると聞き、機会あるごとに探している。

 ここはバンコクのインド人街とはまたちがった生地が並んでおり、確かにあっさりとしたデザインのものもある。帯用の生地なら、そう苦労せずに見つけ出すことができそうだ。結局私は、帯はすでに何枚か作ったので、作務衣にする綿を選んだ。

c0161046_23132947.jpg モスクを背にしたこの通りは、アラブ人街の中心部。両側にはおみやげ屋さんが並んでいる。

 ここにはバティックがたくさんておいてあり、顔を近づけると、インドネシアの布特有の香りがした。

 以前バリの専門店で見たような、 目の玉が飛び出るような高級品より、普段使いできるようなものが多い。バティックといっても、ろうけつ染めではなくて、手書きの染めものだ。

 小さめのテーブルランナーを求めて帰ろうとすると、激しいスコールがやってきた。通りのカフェでフルーツジュースを飲みながら、小やみになるのを待った。
[PR]
by chicorycafe | 2008-03-09 16:01 | ◆旅 〜 タイとその周辺