Chicory Cafe

chicory27.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:◆タイあれこれ( 38 )

タイの水色

c0161046_15192375.jpg
 「新しい水色は暗い〜。前の方が色がきれいでよかったー」

 以前、タイの色鉛筆をおみやげに渡した友人の女の子が、こう言ったそうです。

 色鉛筆セットのうち水色が小さくなってしまい、1本だけ日本製のものを買い足した、と友人からメールをもらいました。

 なんだかちょっとうれしい私です。




 
[PR]
by chicorycafe | 2009-10-05 15:32 | ◆タイあれこれ

「CHAO ちゃ〜お」

c0161046_2364125.jpg

 この先読みそうにない(正しくは、読めない)タイ語の本を、神保町の書店に持って行ったら

 チェーンの古本店よりも良さそうな条件で引き取ってくれました。

 この本たちがタイ語を学ぶ方や、タイシルクについて調べている方の元に届きますように!

c0161046_2365592.jpg

 同じ店のなかで、目に入った北タイのフリーペーパーを購入。

 バンコクのフジスーパーや書店などで、無造作に頂戴していた頃とはわけがちがいます。

 ゆっくり丁寧に読みました。

 148号には、ソップ・モエイ・アーツの代表・ケント・グレゴリー氏の記事が。

 チェンマイ本店やスクンビット店の様子を懐かしく思い起こしながら

 あの美しい製品が生まれるまでのあれこれを追いました。

 久々に目を通したこの情報誌には、バンコクのフリーペーパーよりさらに

 ゆったりとした空気が流れていました。
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-20 23:28 | ◆タイあれこれ

タイの半ティッシュ

c0161046_21284279.jpg

 ひと昔前のタイの食堂のテーブルには、よくロールペーパーが置いてありました。

 (写真は東京のタイ食堂で撮影したものです)

 今でもたまにみかけますが、近年これに取って代わったのが ↓ こちら!

c0161046_21285473.jpg

 " Scotty " じゃなくて " Scott " は、普通のティッシュの半分サイズ。

 ちょっと口や手を拭いたりするには、これで十分なのです。

 タイの屋台でラーメンを食べる時、これ1枚でレンゲを拭いていました。

 ついついムダな使い方をしてしまうティッシュなので

 日本でもこのサイズを作って売ってくれないかなー、と常々願っている私です。

 それも立派な紙の箱に入れたりせずに、写真のようなビニールでOK。

 そうしたら、普通のティッシュと半ティッシュを併用して、

 なかなか紙の節約になると思うんですけどね〜。
 
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-17 22:09 | ◆タイあれこれ

アメージング・イサーン

 昨年日本で創刊された『D-MARK』(very good の意)は、タイ情報のフリーマガジン。

 タイレストランなどでもらえますが、私は春から購読し始めました。

c0161046_1883590.jpg

 毎回裏表紙を飾るのは、タイ国政府観光庁の「アメージング・イサーン」という広告。
 
 イサーン(タイ東北部)にも、居心地の良さそうなホテルができ始めたりして(写真右側)

 観光客誘致をねらっているのと思うのですけれど・・・

 このキャンペーン? を後押しする取り組みを、私は見たことがありません。

 バンコクやプーケットのホテルの稼働率も低いいま、イサーンへ足を運ぶのは

 以前からのリピーターくらいじゃないかなー、と想像してます。

 お盆にタイ旅行をした知人によると、チェンマイ(タイ北部ですが)のナイトバザールでさえ

 ほとんど日本人をみかけなかった、とのことで、ちょっとさびしく感じました。

c0161046_1885357.jpg

 こちらは、同観光庁が女性誌に載せた広告で、ローイ・クラトンを紹介しています。

 が! このイベントをからめたツアーの紹介がないどころか、

 今年のローイ・クラトンの日にちさえ書かれていません。えーーー!? (@@;;)

 
 イサーンもローイ・クラトンで有名な北部も、お客さんが少なければ少ないで

 まあ、しょうがない、と終わらせてしまえるのでしょう。

 食糧自給率 140% ならではの余裕がまばゆく、エレガントにさえ感じられます。

 そして、日本はどうやったってタイにはかなわない、と実感するのでした。

 
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-07 18:49 | ◆タイあれこれ

ホームトン(黄金の香り)バナナ

c0161046_17584723.jpg

 タイの中部・ペチャブリー産のバナナが " らでぃっしゅ " から届きました。

 このバナナの特徴は黒い斑点が出ないことらしく、薄めの皮がつるんときれい。

 今回ダンボールのなかで、ほかの野菜に隠れるようにして2本入っていました。

 バナナ2本。タイの人が見たら「なんてケチくさいのー!?」と驚くに違いありません。

 タイの市場やスーパーではバナナのひと房が多過ぎて、逆に私は断念しがちだったほど。

 そんなタイでも、バナナが1本単位で売られている場所がありましたっけ。

 スワンナプーム空港・国際線搭乗フロアの奥の方にあるカフェのガラス棚に

 1本50バーツ!!(約150円)の値段がついていたと記憶しています。

 日本に輸入されたこのバナナだって、1本70円くらいなのに〜 (>_<)

 さてこのバナナ、日本人指導のもと、大変な手間をかけて安全できれいに作られているとか。

 スーパーに置いてくれれば、頻繁に買いますよ〜。
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-06 18:46 | ◆タイあれこれ

まぼろしのパッケージ?

 先月にいただいていた、タイの日本語新聞やフリーペーパーを読む。

 ヴィエンチャンのホテル Don Chan Palace が広告を打ち始めたな、とか

 バンコクのレストランやスパに、知らない名前が増えたなぁ、とか

 ホテルもアパートも供給過剰なんだな、とか

 タタ・ヤンがまた太ったかな、とか、のんきに眺めていたら・・・

c0161046_23423560.jpg

 なに!? オリエンタル一人一泊・5000バーツだって!?

 しかもホテル内のレストランとスパで、2500バーツ分が使えるとか。

 私の記憶のなかでは、これまでにない割引率。


 と思ったら、ペニンシュラも一室7000バーツを切るパッケージを出している。

 こちらは朝食と夕食のついた、在住者向けプランだった。


 ん〜〜〜、行けるものなら行きたいけれど、

 腐ってもオリエンタル、腐ってもペニンシュラでいてほしいような…。

 ちなみに、オリエンタルの広告を出した産経旅行のサイトを調べたところ、

 それらしいパッケージは見当たらなかった。

 (ブラウザ(Safari)の相性が悪かったのかもしれない…)
 
[PR]
by chicorycafe | 2009-07-09 23:42 | ◆タイあれこれ

メイキング・オブ・のしマンゴー

c0161046_18121675.jpg

 マンゴーを収穫して・・・(右のタイ人のメイドさん、プロのワザ)

c0161046_18123230.jpg

 皮をむいて、包丁で細かく叩いて・・・

c0161046_1812482.jpg

 大鍋でコトコト煮つめて・・・(砂糖も何も不要)

c0161046_1813050.jpg

 オーブンペーパーに伸ばして、1日か2日か干して・・・

c0161046_18131390.jpg

 丸めたら「のしマンゴー」のできあがり。

c0161046_18252436.jpg

 アローイ・マーク!

 収穫から調理、イラストも、すべてRさんのお手製でお送りしました。

 ゲン・マーク! コーップ・クン・カー♪
[PR]
by chicorycafe | 2009-06-17 18:24 | ◆タイあれこれ

タイみやげ

c0161046_23291669.jpg

 何度か紹介している、大好物のカイケム(アヒルの塩漬け卵)。

 灰に包まれた状態で、塩分が浸透している最中だ。

 ちょうどよい塩梅になったら、今回はヤマモモワインのおつまみに、とほくそ笑む私。

 Rさん、見つけにくくて、運びにくくて、重〜いおみやげを、どうもありがとう!!
[PR]
by chicorycafe | 2009-06-16 23:43 | ◆タイあれこれ

神保町でタイなひととき

 タイとその近隣国についてのおもしろそうな本を、いろいろ読みたいと思っている。

 行きつけ? の Amazon 書店では、そろそろ気になる本が入手できなくなってきた。

 そこで神保町へ。

c0161046_2219137.jpg

 有名な、というより知る人ぞ知る「アジア文庫」に、初めて足を踏み入れる。

 広くないスペースに並ぶ本は、ぜ〜んぶアジアの本!(当然ですが…)

 あ〜、ここで店番をしながら、商品の本を読めたら幸せだな〜。

 なんて思いながら求めた数冊については、後日アップします。

c0161046_22192624.jpg

 少し歩いて、靖国通り沿いのタイ料理店に引き寄せられてしまった。

 何か見えない糸で引っ張られたかのように。

 以前とは店の名前が変わったような気がするけど、マイペンライ。

 頼んだ「パッ・キーマオ」(ひき肉と野菜の辛い焼きそば)は

 火を吹くような辛さで、涙ぐみ、鼻をかみながら食べる。

 いよいよ辛さに弱くなってしまったわ〜 (TT)
[PR]
by chicorycafe | 2009-05-26 00:17 | ◆タイあれこれ

「Pure Thai Fleur de sel」

c0161046_1757521.jpg

 タイみやげにいただいた海塩。

 振ってみると、ザッザッザッ!とおいしい音がする。

 かわいくビン詰めになったのは初めて見ました。

 自分では「クルア・ドクマーイ」って呼ぼうかな。
[PR]
by chicorycafe | 2009-05-20 18:12 | ◆タイあれこれ