Chicory Cafe

chicory27.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:◆つれづれ( 104 )

クールピクス

c0161046_074554.jpg

 「今どきこんなに液晶が小さくて、傷だらけのカメラ使ってる人いないよ」

 別に新しもの好きでもなんでもない夫がいうのだから、よほどなのだろう。

 考えてみれば、このカメラを買ったのは5年近く前になる。

 カメラというメカに思い入れはなく、写ればOKなのだけど

 1度シャッターを切ると、数秒待たされることに不自由を感じていたのは確か。

 反面、本体100gという軽さは、かなりありがたく思っている。

c0161046_075851.jpg

 そこで同じ重さのものを探したら、手頃な機種をニコンで発見。連写もできる。
 
 さて、これでちょっとはいい写真が撮れるように・・・なるわけないか。
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-29 00:31 | ◆つれづれ

根なし草のごあいさつ

c0161046_15343263.jpg

 タイより帰国してから、今日で1年半になりました。

 赴任3年間の夫の過労と、常夏の気候から来る疲労感(軽くて長〜い夏バテをしていたようです)がようやく解消され、おかげさまで元気に秋冬を迎えられそうです。

 日々の暮らしにも馴染んだいま、まだ赴任生活の影響が残るのは、活字への渇望感。

c0161046_15503672.jpg

 読みたい本がすぐに定価で手に入る幸せをかみしめつつ、3年間の活字不足を取り戻すように、本を注文しています。

 帰国後1年くらいでおさまるかしら、との予想を超え、活字中毒はまだ続きそうです。

 
 そんな現在ですが、早くも夫に次なる転勤が言い渡されました。11月から福岡暮らしです。

 福岡での過ごし方は福岡へ行ってから考えることとし、まずは引越しを無事に終えなくちゃ。
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-26 16:16 | ◆つれづれ

つかの間の夢

 「風邪で38度の発熱、帰りにフルーツを買ってきて」と夫にメールした。

c0161046_21524213.jpg

 食べきれないほどのフルーツを抱えて帰宅した夫は上機嫌。

 「家族が発熱したら、1週間出社禁止だって」とニコニコして梨をむいてくれる。

 ゼーハーと肩で息をする私には、新型インフルエンザの疑いがかけられているようだ。

 だとしたら、この数日の間に会った数人の人たちは大丈夫だろうか。

 でもこれって、自分の体の都合でひいた風邪だと思うんだけど…。


 まとまらない頭であれこれ考えるうちに、かなり風邪が回復してきた。

 1週間の休暇が夢と化した夫は、急に元気を失い、がっくり肩を落としている。
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-25 22:11 | ◆つれづれ

お月見まんじゅう、先取り!

c0161046_2303754.jpg

 ちょっと早めだけど、お月見のおまんじゅう(花園饅頭)。

 左の白いうさぎさんはこしあん、右の黄色いうさぎさんはつぶあん。

 上品な甘さでとても美味でした。
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-23 23:04 | ◆つれづれ

ぬかみそ友達

 ぬか漬け大好きという6歳のNちゃんが、わが家に「ぬかみそ掘り」にやってきた。

 「い〜い匂い ♪」と、小さな手できゅうりと大根とミニトマトを掘り出して

 何とも男前に、小さな包丁で2センチ巾くらいに切ってくれる。

 ぬか床をならす手つきがあんまり堂に入ってるので、驚いていたら

 「だっていつも砂場でこうやってるんだもん」と、軽くいなされた。

 食後に「今日はよくできました!」とごほうびのアメを3つもらったのは、私です ^^

c0161046_0442340.jpg

[PR]
by chicorycafe | 2009-09-19 00:31 | ◆つれづれ

10年前の古本が最上の選択、という不幸

 昨日紹介した本では、日本で作られた海外旅行用のガイドブックのお粗末さが書かれていたけれど、国内旅行のガイドも、ほぼ状況は変わらない。と思う。

 私がタイで過ごした3年の間に、その傾向はますます加速していた。

 そんな失意? のなか、入手したのはこちら(東北版だけは以前から所有)。

c0161046_2340750.jpg

 JTBから10年ほど前に出ていたガイドの「古本」で、現在は絶版になってしまった。

 この「ひとり歩き」シリーズは、カラー写真は口絵ページのみで、本文見開きに2、3枚ずつ使われている写真はモノクロだけど、各地の見どころが星つきでバランスよく紹介されている。

 グルメと買い物、宿泊などの情報は厳選されたものが巻末に。

 最初見た時に「おぉぉ、日本のミシュランだ!」と感激した覚えがある。 

 こういう鳥瞰的なガイドがもう出版されないのだとしたら、国内旅行のガイドも『サバイバル時代の海外旅行術』の高城氏に習って自作するしかないかな。
[PR]
by chicorycafe | 2009-09-18 23:45 | ◆つれづれ

投票場にて

 昨日選挙のため近所の小学校を訪れた。

 体育館に入ると、母校(中学校)の校歌がふいに頭の中を駆けめぐる。

 いったい何十年ぶりかしら。

 自分の通った学校の中で、私は中学校が一番嫌いだったっけ。

 私立の小学校を卒業して入った地元の公立中学は、何もかもが殺風景に見えた。

 目にするものが味気ないだけでなく、入学式の校長先生の訓話を聞いて

 子どもながらに、なんて上っ面でものを言う人だろうとがっかりした。

 次第に仲良しの友達もできて、学校生活は楽しくはなったけれど…。


 先日、子どもを小学校に入学させた友人の話を聞いて、のけぞってしまった。

 入学式の日に父兄に向けて、校長先生が開口一番言ったのは

 「自分の子どものいうことを全て信じないでほしい」だったという。

 最近は、父兄からのクレームで先生方の心労が大きいのは理解しているつもりだけど

 それにしてもあんまりではないか。

 
 先生も父兄もそして子どもたちも、それぞれストレスを抱えて大変な世の中。

 新しい政権は、日本を誰もが安心してゆったりと暮らせる国に近づけてくれるだろうか。

 政治家だけにお任せせず、私たちひとりひとりにもやるべきことがいっぱいありますが…。

c0161046_20504664.jpg

 老いてなお美しい葉をつけるブナの木(歌才ブナの森にて)。勇気がでます。

 
[PR]
by chicorycafe | 2009-08-31 21:28 | ◆つれづれ

超スピード健診

 今年のお盆は、例年より住宅街が静かにならないような…。

 近所のスーパーの人出にも驚いたけど、健診で訪れた病院の混雑には腰を抜かした。

 5月に手続きを始め、この時期にようやく予約がとれただけのことはある。

 健診専門のようなクリニックの廊下は、健診ウエアをまとった中高年の男女でいっぱい。

 次々に名前を呼ばれ、効率的に各検査が進むなかで、内科の診察にはたまげた。

c0161046_2020184.jpg

 受診者には予め問診票が送付され、7、8ページにわたって自身の健康に関する
 
 あれこれを記入して持参するのだが、そんなもの見てくれちゃいない。

 問診票にあったのと同じ質問を2、3された後、のどを見て、聴診器を2か所にあて、

 仰向けになって足を組み終えないうちに膝をコツンとして終わり。

 3分診療ならぬ、2分診察だわ、こりゃ。

 
 日頃あまり病院のお世話にならない私は、こんなことになってるとはつゆ知らず…。

 バンコクの私立病院で、通訳の人を介してのまったり健診は夢の世界だったのね。

 視力検査で読めない字を、検査員のお姉さんが教えてくれちゃうのが疑問だったけど。

 それは笑える思い出として、今後は定期的に健診を受けようと思います。

 願わくば、診察5分以上で…。
[PR]
by chicorycafe | 2009-08-14 21:32 | ◆つれづれ

今日から8月!

c0161046_22232139.jpg

 青い空! 白い雲! 照りつける日射し!

 ・・・のような夏らしいお天気はどこいっちゃったんでしょう?

 
 帰国後2度目の夏に改めて思うのですが、気温38度・湿度75%のバンコクの暑季よりも

 気温30度・湿度92%の東京の夏の方が、キビシーですね。

 バンコクのように気温が体温を超えてしまうと、炎天下には出ないのがあたり前。

 昼寝もあたり前、暑さを何とかやり過ごしましょう、といった雰囲気が街中に蔓延します。

 しかし東京では、気温が中途半端なせいか、ほかのシーズンと変わらない行動とペースが

 要求されるし、都会独特の不快な暑さが体を直撃! ですもの。


 そんなわけで昨年は東京の夏にめげ、引きこもりがちのまま夏を終えてしまいましたが、

 今年は攻めの姿勢で突っ走りま〜す。

 
[PR]
by chicorycafe | 2009-08-01 22:22 | ◆つれづれ

おしゃべりがとまらない

 ・・・やっぱり書いてしまおう。

 ラリック展は、お客さんの半数以上が年配の女性で、とてもにぎやかだった。

 大声で話しているわけじゃないけれど、近くにいるといやでも耳に入る私語の嵐。

 19世紀末のフランスにワープしているところに「今晩のメニュー」が聞こえてくる。

 身なりのよい人が多かったけど、ヨーロッパの美術館の静けさに身を置いたことは

 あっても、いつも団体で行動する自分たちのトーンがすべてになってしまうのだろう。
 

 先日映画館では、映画上映中にいちいち感想を話す年配女性の声が気になった。

 誰も文句を言わなかったけれど、このマナーは3歳児なみ・・・??

 人気の野山をハイキング中に静寂を破るのは、男女関係なくはしゃいだ年配のグループ。

 運悪く同じペースで歩いたりすると、自然の音は永遠に聞こえなくなる。


 これは自衛するしかないな。

 美術展へは耳栓持参で出向く、映画はレイトショーを観る、

 野山は極力マイナーなコースを歩き、百名山などはもってのほか・・・。

 でも、いつか静かにレジャーを楽しめる日が来ますように…。
[PR]
by chicorycafe | 2009-07-31 21:03 | ◆つれづれ