Chicory Cafe

chicory27.exblog.jp
ブログトップ

機織りの島・ドンコー

 パクセーから北に15キロ、ドンコーというメコン川の中洲へ。綿とシルクの織物で有名らしい。

c0161046_228054.jpg

 小型ボートに数分揺られ、岸の急坂を上がると、素朴な村が現れた。

c0161046_2282737.jpg

 旅行者目当ての店や呼び込みなどいっさいなく、ドピーカンのなか、砂の一本道を歩いていく。

 途中、カメラを向けたら、牛がいっせいに飛び上がって鼻息を荒くした時は、ちょっと焦った。

c0161046_2285691.jpg

 つきあたりを左折すると、緑のトンネルが。
 

 はぁ、ようやく日差しを避けられた。


 タイ語のテレビの音声が聞こえる。


 子どもたちの声も聞こえる。

c0161046_2294418.jpg

 道の両側には、こんな高床式の民家が並んでいた。

c0161046_22105545.jpg

 あっ、機織り機見つけた!

c0161046_22112118.jpg

 ひょっこり現れたお店で喉を潤し、パーシン(ラオスの巻きスカート)を買いたいと告げてみた。

c0161046_22115221.jpg パーシンのその前に・・・

 店の軒下でお昼寝中のワンちゃん。メコン川に囲まれた場所のせいか、バンコクにいる犬よりずっときれい。

 一方、砂地を歩いてきた私の足は、真っ白に汚れている(ばっちくてゴメンナサイ!)。こんな自分の足を見たのは、子どもの時以来かなぁ。

c0161046_22121927.jpg

 お店の隣の奥さんの織ったコットン。この島の女性はみんな機織りをしているようだ。

 いつの間にかお店に集まって来た人が、自分の作品を2、3、遠慮がちに手にしている。そのなかで、色味の地味なものを少々分けてもらった。支払いとおつりの計算に、ドルだバーツだキップだと大騒ぎになるが、この人たちは絶対騙したりすることはないだろうな。
 
 この中洲の島へは、正直なところ、ここまでローカルな場所とは思わすに行ってしまった。たしかに機織りの村だったけれど、ここを紹介しちゃうロンリー・プラネットって、すごい。
[PR]
by chicorycafe | 2008-02-08 19:27 | ◆旅 〜 タイとその周辺