Chicory Cafe

chicory27.exblog.jp
ブログトップ

『みんなのピピ島』

c0161046_040536.jpg TSUNAMIから早くも1年、前々から気になっていた本、『みんなのピピ島』を先日買った。

 多少は文字が読めるようになったところで、ピピ島の小学生の書いたフリーハンドのタイ文字を何とか解読できないものかと淡い期待を抱いたが、文字の小ささと文章の長さにめげて、あっさりお手上げ。タイ文字の下に印刷された日本語の翻訳のみ読んだ。

 飾らない子どもの文章も良いが、絵が良かった。一瞬にして平和を奪い取られたピピ島だが、当日の生々しい様子までも、「自分たちのきれいなピピ島」の色で描かれているように見える。そして、素直で力強い描き方にも拍手。自分が小学生の頃はもっとこまっしゃくれた、つまらない絵を描いていたものだ。

 「愛する、美しいピピ島に帰りたい」と誰もが言っていたのも、印象に残った。人の手で作ることのできない美しい風景のなかで育つというのは、それ自体が財産なのだろうなと思う。
[PR]
by chicorycafe | 2005-12-26 00:40 | ◆本 〜 タイ