Chicory Cafe

chicory27.exblog.jp
ブログトップ

『タイの花鳥風月』

c0161046_0382255.jpg 暑くなり始めた2月初め頃から、街のあちこちに咲き乱れる花が目につくようになった。ほとんどの花は名前もわからないので、前から気になっていた『タイの花鳥風月』という本を買って読んでみる。

 季節ごとの花が写真入りで紹介されているだけでなく、各花ごとのエッセイには、著者・レヌカーさんの半生が織り込まれているおもしろい1冊だった。インド留学中にタイ人男性と結婚し、後にタイに居を構えた日本人女性のレヌカーさんならではの教養と見識に唸るとともに、彼女のものの感じ方がとても心地よい。

 強い日差しに照らされて、何もかもが平板に映りがちなタイでも、1冊の本に陰影のある世界を詰め込むことのできるレヌカーさん。現在彼女は、日本人向けの観光ツアーを企画、そしてその旅に同行しており、私も日帰りのバスツアーに1回だけ参加したことがある。

 その名も「レヌカーの旅」は、ほかの旅行代理店とは一線を画すユニークな企画と、バスでの移動中に、博学なレヌカーさんの解説を聞けるのが特徴のようだ。お客さんにはこのツアーの熱烈なファンも多いと聞く。

 1日だけそのツアーに加わった私の、レヌカーさんの印象は、1,肝っ玉おばちゃん、2,アジアの歴史や文化への造詣の深い人、3,不思議な表情の人、というものだった。今回、この本の中で、少しだけ彼女の人生に触れ、3,のレヌカーさんの表情につながるものを感じたように思う。
[PR]
by chicorycafe | 2006-03-31 16:46 | ◆本 〜 タイ