Chicory Cafe

chicory27.exblog.jp
ブログトップ

『タイは今日も海色』

c0161046_23522593.jpg バンコクからスクンビット通りを南東へ1時間半、パッタヤーの手前にシーラチャーという町がある。

 日系企業が進出し、駐在日本人が多いことで知られるその町に赴任する女性のエッセイ。

 「ダンナ様」とふたりでタイに渡り、長男を出産、「6か月のオチビちゃんがお腹の中で大暴れしている」というところで話が終わる。

 そのせいか、タイ人の子ども好きな様子がよ〜く書かれていておもしろい。

 バンコクも小さな子ども連れにやさしい街だと思うが、「のんびりした」シーラチャーはそれ以上のようだ。

 本文の最後にこうある。

 「『いいかげんがいい加減』 ーーこれは、タイにすっかり浸食された、私の座右の銘である」

 いや〜、同感同感。

 ふんだんに入ったイラストは、著者をタイに何度も訪ねた妹さんによるものらしい。「こういうタイ人、いるいるー!」と何度も懐かしい気持にさせられた。
[PR]
by chicorycafe | 2009-01-18 01:03 | ◆本 〜 タイ